花粉症 対策

花粉症対策に乳酸菌は効果がある!

花粉症対策にマスク等の使用が一般的になりました。
しかし、花粉症のシーズンに、常にマスクというのも辛いものです。
また、鼻だけにするタイプも花粉症の予防や対策のグッズとして販売されています。
今、花粉症対策のひとつの決め手として最近話題となっているものに「乳酸菌」があります。

乳酸菌は、知られているだけでも様々な種類があり、私たちにとって有益な微生物の一つです。
乳酸菌の有益な特性を活かして、ヨーグルト、チーズなどの乳製品などが生産されているのはよく知られています。
また、最近では、味噌やキムチなどの発酵食品にも、乳酸菌は、利用されています。

腸内環境を整えて、便通をよくする働きが乳酸菌の一般的な効果でした。

近年では、新種の乳酸菌の発見が、飲料会社等でされ、花粉症の症状を軽減する機能などが注目を集めています。

「KW乳酸菌」は、キリンビールが、2002年に発見した乳酸菌で、高いアレルギー改善作用が期待されています。
「L-92乳酸菌」は、カルピス社が2006年に人工曝露実験で、鼻のかゆみ、目のかゆみといった花粉症の症状に効果があることを実証しました。

新種の乳酸菌の発見や研究によって、今後様々な花粉症対策の商品が開発されることが期待されています。

乳酸菌の花粉症に有効とされる一つに、細菌やウィルスを攻撃するリンパ球Th1とアレルギーの原因となるリンパ球Th2、この2つのバランスを保つ働きがあります。
さらに、乳酸菌を接種すると、アレルギー症状が起こりにくい体質の環境をつくる働きがあります。
乳酸菌の全てに、体質改善の機能があるわけではありません。
いくら予防のためいえ、ヨーグルトを食べてても効果は期待できないので、必ずヨーグルトに含まれる乳酸菌の種類を確認する必要があります。

医薬品の薬のように、花粉症対策の即効性の効果が、乳酸菌にあるわけではありません。
乳酸菌を摂取するためのヨーグルト摂るのは、花粉の飛散時期の1ヶ月前くらいから継続することが望ましいと言われています。
牛乳やヨーグルトなどの乳製品アレルギーの方は、サプリメントタイプのものを使用するのがいいでしょう。
ヨーグルトを食べつづて下痢を起こしたり、腹痛等で悩むことのないようにしたいものですね。
しかし、季節が来れば、花粉症のシーズンは来るものですから、事前に予防を心がけたいものですね。

花粉症対策はマスクで解決!

花粉症の人にとって、季節の変わり目が大変です。
花粉症のシーズンになると、街では、マスクをかけて外出している人を多く見かけます。
花粉症対策グッズとしてマスクは、今や欠かすことのできない最高のアイテムです。

マスクは華や口から、花粉やほこりなどの異物が入り込むのを防ぐことです。
この花粉症の季節は、インフルエンザの流行の時期でもあります。
マスクの使用は、花粉を防ぐと同時に、インフルエンザや風邪の予防にもなるのです。
このシーズンでは、マスクを装着している方が、クシャミや咳をした時に周囲を不快な気持ちにさせないという利点もあります。

高機能のマスクも開発され、薬局などのマスク売り場では、色々な種類のマスクが並んでいますね。
一体、どのマスクがよいか、とても選択に戸惑うことも多いですね。
マスクを選ぶポイントは、いかに「花粉が入り込まない構造になっているか」ということが大事です。
大切なのは、「○%カット」だけではないのですね。
正面から来る花粉はカット率の通りに防御できても、マスクと鼻のや、頬の隙間から花粉が入ってくることなのですね。
必ず、自分の顔の大きさに合い、装着したときに隙間ができないマスクであることが何よりも大切です。

また、清潔面からは、マスク本体や中のガーゼがこまめに取り替えられる衛生的なものがいいですね。
マスクに一度ついた花粉は、洗濯しても残るため、使い捨てや鼻口の接触部分が取り替えできるものが便利です。

花粉をカットするには、ガーゼより不織布の素材の方が、目が細かく花粉のカット率が高くなります。

最近のマスクは、立体構造のものや、衛生的な使い捨てタイプが主流となっています。
機能を高めるため、多層フィルター構造や、繰り返し使える耐久性のあるものが普通です。
最近は、直接鼻の中に入れるマスク、また保湿ができる濡れマスクといったものまで開発されており、マスクは多様化と同時に、高性能なものが販売されています。