私、メタボリックシンドロームになりませんTopメタボ検診>メタボ検診で調査する血糖値の意味は
スポンサードリンク

メタボ検診で調査する血糖値の意味は

メタボ検診がさかんですが、この検診では、血糖値も検査します。
血糖値とは、ご存じかもしれませんが、血液内のグルコース、つまりブドウ糖の濃度の事です。
この数値が何を表すかの意味は、ご存じでしょうか。
あなたの体内に適切な量の糖分が摂取されているか、又、糖分がしっかりとコントロールされているかという働きを知る上で非常に重要な値となります。

血糖値のコントロールは、数値が上昇すると膵臓から分泌されるインスリンによって制御され、調整されます。
ところが、このインスリンの分泌量が少ないく、若しくは十分な働きができないといった場合に、高血糖の状態が慢性的に継続してしまいます。
その結果として、糖尿病になってしまうのです。

血糖値は、このように糖尿病を検査する上で、身体の状態を知るための、重要な数値という事になります。

この血糖値は、実は、比較的変動しやすい数値で、測定には注意が必要です。
食後では、かなり高くなりますし、又、発熱や過度の痛みを発祥している時、さらに過度のストレスを感じている時には、数値が大きく上昇する場合があります。
メタボ検診の際には、この事から、直前に食事を取らないようにしなければなりません。

メタボ検診時における、血糖値の基準値は110mg/dlです。
血糖値が、これを上回っている場合は、当然、指導の対象となります。
しかし、血糖値が高いからと言っても、必ずしもそれが糖尿病などの前兆であるとは限らないのです。
慌てず、落ちついて、確実な指導を受けることが重要なのです。

医師などは、そういった背景をしっかり把握しているので、まずあなたの状態から問診するかと思います。
その時には、しっかりと正しい返答をしてください。
もし、見栄などを張って、正直に答えないと、正確な診断ができなくなってしまいます。
あなたのための、大切な検診なのです、正しい受診をしましょう。

« 【BSP】資生堂アピセラ エステティックサプリ 3点セット | メイン